5つのあそびーむ

人は誰でも感じ方、考え方、言うこと、やることが、違う。違うことは、刺激的で、面白い。人は、違うからいい。

どんな気持ちでもOK。それが私で、それがあなただから。安心して、なんでも言って、自分らしく居る。それが大切。

何をしてもいい。何もしなくてもいい。やりたいことは、自分で決める。選ぶ自由、決める自由。子どもでもできる。

夢中になること、やろうよ。あ〜楽しかった!!と満足するまで、やろうよ。そのために必要な時間と場所は大人が守る。

みんなで一緒に暮らす、みんなにとって心地良い生活の場。だから、みんなで考えて、みんなで決めて、みんなで動く。

特長10テン

  1. 「練馬区立こどもの森」で遊べます。
    外で遊びたい子は、徒歩数分のこどもの森に、毎日遊びに行きます。鬼ごっこや陣取り合戦などの集団遊び、穴掘り、木登り、虫捕りなどの自然遊び、また、泥遊び、木工作、秘密基地作りなど、こどもの森ならではの遊びもできて、充実度抜群です。
    (*着替えの用意は必須です。時々驚くほど汚れて帰宅することがあるのはご了承ください)
  2. いろいろな素材でいつでも創作遊びができます。
    段ボールや布、空き箱にプチプチ梱包材…廃材も子どもたちにかかれば宝の山。ガムテープやパステル、マジックなども自由に使いながら、基地や自分だけの「すてきなもの」を作って、創造の世界に遊んでいます。次の日も「昨日の続き」ができることも大切にしています。
  3. みんなで決める子ども会議 
    例えば、「宿題している時に隣で○○されると、気が散る」と怒る子…人気の△△をいつも同じ子たちが使っている… さあ、「子ども会議」の始まりです。一人一人が、考えていることを感じていることを「言葉」伝えます。するとわかります、みんな違うよね、考えも感じ方も、じゃあ、どうする?!時に、大人が一言も口を挟まなくても決着付いたりするんですよ。
  4. 「習い事・塾」への外出はもちろん、フリーの外出もOKです。
    保育時間中でも、「保護者の承諾」があれば、習い事や塾はもちろん、お友達の家に遊びに行くなどの理由で中抜けや早帰りができます。
    急な予定変更についても、当日11:00までにメールをいただければOKです。習い事などの荷物を、自分のロッカーに入れておくこともできます。
  5. 「学びタイム」があります。
    基本、学校の宿題をする時間ですが、終わった子は、知りたいことをスタッフと一緒に調べたりもしています。子ども自身の興味を尊重しながら、じっくりと一人で学ぶ(=遊ぶ)時間です。磁石の探求、自作自演の動画撮影、こど森で捕まえた虫の飼い方調べ、丹精込めた作品作りと、一人一人の個性が豊かに現れます。
  6. 手作りおやつが充実しています。
    できるかぎり手作りで、補食として栄養も摂れるメニューを考えています。(例えば、野菜のおやき、ふかしいも、パンケーキなど)子どもたちも自然と食や料理に興味を示すようになっています。
  7. 小学校1~6年生までが仲間です。
    公立の学童では応募条件から外れる、高学年もお預かりできます。小さな子から大きな子まで同じ部屋で同じ時間を共に過ごせば、大家族のような賑やかさ、アットホームな雰囲気です。
  8. 月極め延長保育、スポット延長保育が充実しています。
    夕方は19:30までの夜間延長、長期休暇中の朝は8:00からの早朝延長があります。
    「月極め延長」だけでなく、今日は急に残業が!という際に利用できる「スポット延長」もあります。
  9. 出欠、延長、早退などの連絡は、メールでOKです。
    当日の急な変更も11:00までなら、メール1本で対応できます。(11:00以降は、電話でご連絡ください)
  10. 指導スタッフは、「プレーリーダー」です。
    プレーリーダーと子どもは、普通の大人と子どものような上下関係ではなく、「ナナメの関係」と呼ばれる人として対等な関係です。子どもたちを力で押さえつけず、お互いの気持ちや考えを出し合いながら、一緒にあそびーむをつくっています。そして、子どもたちが遊びながら、自己肯定感、意欲、創造力、コミュニケーション力など、様々な“生きる力”を育むことができるように、遊び環境を整えるプロフェッショナルでもあります。