虫であそぶ・虫とあそぶ

生きものを飼うことが、ちょっとしたブームです。初めて飼ったテントウムシの幼虫は、餌が足りず、飼育環境を整える前に死んでしまいました。しかし、次の週にはダンゴムシを捕まえてきて、「今度はこどもの森みたいに飼う!」と反省。森に枝や土を拾いに行き、プレーリーダーに飼育箱づくりのコツを教えてもらいます。翌日には、“ダンゴムシ本”を作ったり、中には自分のオヤツのおすそ分けをしたりする子も。

“虫を飼う”というあそびは、年齢やタイプにより楽しみ方のツボが違います。生息地を探し当て、捕獲することに夢中になる子。図鑑を調べたり人に聞いたりして、適切な環境の飼育箱をつくろうとする子。これは食べる?食べない?と餌やり実験に燃える子。プレーリーダーは、一人ひとりのあそびのツボに寄り添いながら、一緒に面白がっていこうと思っています。さて、これからは虫や生き物が増える季節。どうなることやら…。